六次元論・念写・神通力

  • ¥ 1,830
  • 山本健造 著  中学生でも読める六次元論の入門的書。  原理がわかると誰でも神通力を体得し、癌を全快させることも可能。  十六才の春に父の腰痛を治して以来、医師も諦めた九死の肺炎など続々難病を治し、その原理を科学的に説明できる六次元論の研究に一生を捧げた著者が、わかりやすくまとめた書。 

  • ¥ 2,350
  • 山本貴美子 著  心霊現象のメカニズムと心理学上の問題とを解説しながら迷信を打破。 能力者でなくては書けない真理と迷信のきわどい境。  稀代の大超能力者、高橋宥明上人、長南年恵を収録

  • ¥ 2,510
  • 山本健造 著  人類が宇宙の真理を追求して哲学を生んで三千年来、唯心と唯物の論争が繰り返されて今日に到るが未だ結論が出ず、唯心と唯物の奥に真理があるはずだと抽象的にいう学者はあっても具体的に説明できる理論がなかった。 それを六次元弁証法が解決した。

  • ¥ 2,290
  • 山本健造・山本貴美子 共著  『六次元弁証法』から発展した書。  生命はどう誕生してどう進化してきたか。 生れ変わりはあるのか。 なぜ念写ができるのか。・・・  意識の本質、生命の源、進化論、極微の世界、超物理現象の起こるメカニズム等を解明した究極の一冊

  • ¥ 2,510
  • 山本健造・山本貴美子 共著  近年、脳生理学が飛躍的に進歩して「こころ」が重要視されるようになってきたが福来友吉の「念写の発見」は葬られたままである。  「こころ」がエネルギーを持って存在していることを示している念写こそ、脳科学・「こころ」を解く重要なカギを握っている。  念写を起す脳のメカニズムを解明し、心の真の正体を解き明かした本書は、今まで世界中の誰も気づかなかった全くの新学説。

  • ¥ 2,510
  • 山本貴美子 著  人間の死後どうなるのか? 死後生まれ変わるということがあるのか? 生まれ変わりとしか見えない事例がいくつもあるが「生まれ変わり様」現象である。  これは念写の原理=山本健造の六次元論で説明できる。 この六次元論は釈迦の悟りの中にも見てとれる。  21世紀の今、誰でも釈迦の涅槃(ネハン)を悟ることができる。

  • ¥ 2,620
  • 山本貴美子 著  どう生きるか自由 死んでから後悔しない  死後、肉体と共に消えてしまうか、しばらく残るが消えてしまう生者必滅か、国を守るなど高く強い志で永遠に活躍する霊魂不滅か、念写の原理から死後は思ったとおりになる。  価値実現に生き、永遠の命を!  自殺で楽にならない それどころか…

  • ¥ 2,350
  • 山本健造 著  東京帝大の物理学者は謀略的虚偽報道をバラ撒き、天下の新聞は個人攻撃を繰り返し、能力者は自殺、憤死し、実験不可能にまで追い込まれ、福来博士は学界より追放されたが臥薪嘗膽八十年にして、世界の学界は追実験により公認した。

  • ¥ 3,040
  • 福来友吉 著  1910年、福来友吉博士は心が写真用乾板に感光することを発見したが、学界はきちんと実験もせずに反対した。  福来博士は本書を発表し、むらがる反対学者に血を吐く如く真理を絶叫したが、東大を追放された。  世界震撼の書!

  • ¥ 3,920
  • 福来友吉 著  1910(明治43)年12月26日、福来友吉博士の指導により厳密立会者数人の下、長尾判事夫人が精神統一により「心」の文字を念じて、ぼんやり感光した。  これこそ世界最初の念写である。  その後、多数の実験で真実を証明し、いかなる理由で心が写真乾板に感光するかを哲学、超心理学、心霊科学より証明した。